エストニアの夏至祭

#EstonianWay

with travel photographers, Canon Photos

エストニアの夏至祭

Source: Henry Nathan, Visit Estonia

世界的に有名なInstagramアカウント「@Canon_photos」のヘンリーとピアーズのネイサン兄弟は、エストニアで最も大きな島であるサーレマー島に来て、最高の海岸風景を見てきました。『私はあまり知られていない場所を探索するのが好きで、到着して初めて発見する場所もあります。』とヘンリーは話します。彼らの訪問は、神秘的な白夜と、北欧で最も待ち望まれている休日を体験するちょうど良いタイミングでした。それが夏至祭です。


1日目

旅の始まりは、14世紀に建てられたフォトジェニックなクレッサーレ城と、その近くにある世界で8番目の大きさを誇るカーリ・クレーターです。夏至祭は、夜にソルベ半島で行われた焚き火で始まり、一晩中続きました。

クレッサーレ城(Kuressaare Episcopal Castle)

ローナ・マナーゲストハウス(Loona Manor Guesthouse)

カーリ・クレーター(Kaali field of meteorite craters)

マンドゥヤラ・サーフクラブ(Mändjala Surf Club)

スルヴェ灯台(Sõrve Lighthouse)

レストラン・サーレ・パールグ(Restaurant Sääre Paargu)

ホテル サーレマー(Hotel Saaremaa)


Watch the full video

私は、確かにエストニア流の夏至祭を過ごしました。

Piers Nathan, Travel photographer



2日目

探検は、腰の高さまで水に浸かって小島を渡り、ヴィルサンディ島までのトレッキングに続きます。ヴィルサンディ島では、海鳥やハイイロアザラシを観察したり、美しい夕日を見たりするために一泊します。

クレッサーレ・クールサール(Kuressaare Kuursaal)

ルマンダ・タヴェルナ(Lümanda Tavern)

ヴィルサンディ灯台(Vilsandi Lighthouse)

クスティ・ツーリストファーム(Kusti Tourist Farm)



Gallery


Canon Photosについて

ロンドン在住の旅行写真家、ヘンリー・ネイサン(Henry Nathan)は、2012年にInstagramページ「@Canon_photos」を開設しました。当時まだ学生だった彼の目標は、写真家がキヤノンのカメラで撮影した作品を共有できるコミュニティを作ることでした。このコンセプトは成功し、ヘンリーは現在クリエイティブチームと共にフルタイムで世界を旅し、240万人のフォロワーと美しいスナップショットを共有しています。