スパホテル

Source: Aron Urb, Visit Estonia

健康を維持するためには、数日間休暇を取ってストレスを減らし、人生をより楽しむための方法で自分へのご褒美をあげるのが良いでしょう。エストニアのスパは、高品質のサービスを提供し、その多くは豪華な雰囲気を誇ります。豪華なインテリアの中でのスパ体験は、素晴らしい自然の景色と相まって忘れられないものになります。

エストニアのスパの歴史は2世紀以上にもわたります。1813年、医師のベネディクト・ゲオルグ・ヴィッテ(Benedikt Georg Witte)がカドリオルグ(Kadriorg)で塩とハーブの風呂を始め、タリンはロシア帝国で最初のリゾート地となりました。このようなタリンの魅力は、ロシアのエリートたちの間で瞬く間に広まりました。バルト系ドイツ人の医師カルル・アブラハム・フンニウス(Carl Abraham Hunnius)は、ハープサルでエストニア人が関節の痛みを和らげるために海泥を体に塗っていることに注目しました。フンニウスは、その回復力を確信し、1825年にハープサルに泥風呂を開設しました。

タリン(Tallinn)、ハープサル(Haapsalu)、ナルヴァ・ユエスー(Narva-Jõesuu)、クレッサーレ(Kuressaare)、パルヌ(Pärnu)などは、古くから保養地としての歴史があり、現在もリゾート地として高い評価を得ています。また、エストニアで採れる癒しの泥も、今では大変重宝されています。海の泥だけでなく、5億年以上も日の目を見ていない地下0.5kmの深さから湧き出るミネラルウォーターと淡水の泥を組み合わせた、ヴァルスカ(Värska)のユニークなトリートメントもぜひお試しください。

多くのスパホテルは、家族全員で楽しめるようになっています。小さなお子さまは、楽しいプールで遊んだり、お子さま向けのトリートメントを受けたりすることができます。また、スパの中には、トレイルでのノルディック・ウォーキングや、ビーチでのサンセット・ヨガ・クラスなど、体を動かす健康増進の機会を提供しているところもあります。詳しくは、スパのご予約時にご確認ください。