2月24日、エストニア独立記念日

Source: Marek Kusmin Flickr

2月24日、エストニア独立記念日

毎年2月24日は、エストニアの独立記念日です

今からおよそ100年前の1918年から1920年にかけて、エストニアの人々はソビエト西部戦線の攻撃に対するエストニア独立戦争に巻き込まれました。そして最も重要な日はエストニアが国家樹立を宣言した1918年2月24日であり、この日は国民の祝日として記念されています。

最初の独立記念日

1919年2月24日、独立1周年のタリンの自由広場で行われた祝賀会
Photo by: Wikimedia Commons


主権の夢

何世紀にもわたって外国勢力に支配されながらも、エストニア人は独立国家になることを見失うことはありませんでした。1918年2月23日、ロシア革命をきっかけに、パルヌのエンドラ劇場のバルコニーから、エストニアが主権国家であることを宣言するマニフェストが発表されました。眼下の群衆は、後に国歌となる「Mu isamaa, mu õnn ja rõm(我が祖国、我が幸福と喜び)」の合唱に沸き返ったのです。

翌2月24日、宣言文は首都タリンに届き、発行され、エストニア共和国の誕生を記念しました。


祝賀会

知っていましたか?

エストニアとフィンランドの国歌は、Fredrik Paciusによって作曲された同じメロディーを共有しています。エストニア語の歌詞は1869年にJohann Voldemar Jannsenによって加えられ、タイトルは「我が祖国、我が幸福と喜び」を意味しています。
Photo by: Guillaume Speurt, Flickr

毎年2月24日には、花火、コンサート、国防軍パレード、そして大統領レセプションが行われます。子供も大人も軍隊を賞賛し、国防軍、警察、国境警備隊、及びアメリカ空軍のオーケストラの音楽を楽しみます。パレードに続いて、エストニア大統領はテレビ演説を行い、レセプションで主賓に国家勲章を授与します。


お祝いのアイデアと場所

もしあなたが今年、エストニアに関するあらゆることをお祝いし自らエストニアを訪れたいと感じているならば、エストニアの歴史に関する知識を得るために探索するおすすめの場所がたくさんあります。首都タリンでは、次のような場所を訪れてみてはいかがでしょうか。

トームペア城(エストニア国会議事堂)

・一般公開されている悪名高いKGBの監獄

占領博物館

タリン歌の祭典ビジターセンターで1991年にエストニアが自由を取り戻すために歌が果たした役割について学びます。そして、何万人もの人々が一緒に歌っている姿を想像しながらフェスティバル会場を歩いてみてください。

より奥深い写真や資料を見たい方には、タルトゥのエストニア国立博物館(近年からフィン・ウゴル系民族の歴史まですべてが揃っています)を訪れたり、1918年2月24日にエストニア独立宣言を行い、エストニア初の臨時政府を樹立したエストニア救済委員会のコンスタンティン・パッツを記念するAjahetk 記念館にも立ち寄ってみてください。
もし、より自然を感じられる環境でエストニアを祝いたい方には、エストニア北部にある全長10kmの大統領のハイキングコースを歩くのもおすすめです。


2022年 104回目のエストニア独立記念日

パンデミックの影響により、今年はいくつかの伝統的な祝典が例年と異なった形で行われます。

2月24日にエストニア劇場で行われる予定だった大統領の公開レセプションとガラコンサートは中止となりましたが、ERRのテレビ番組で終日エストニア独立記念日の特集が組まれるため誰もがテレビで国家元首の演説を視聴でき、コンサートの演出にも参加することができます。また、国旗掲揚のセレモニーもテレビ放送で見ることができます。今年は知事の庭での掲揚式に直接参加することもできますが、できれば自宅で日の出とともに国旗を掲揚されることをお勧めします。

国防軍のパレードはタリンの自由広場で行われますが、今年は公共放送を通して国防軍司令官のスピーチを聞くことができます。独立戦争勝利記念塔のふもとには、これまで通り花輪も置かれます。

夜の大統領レセプションで通常行われる国家元首のスピーチとパフォーマンスも、エストニア劇場にゲストを招待することなく、公共放送を通じて全ての人々に届きます。2022年の独立記念日は、1年前と同じように、エストニア人は愛する人たちと一緒に自宅で記念日を祝うことが奨励されています。

ぜひ、私たちと一緒にエストニアの記念日をお祝いしましょう。歌ったり、スプラットサンドを食べたり、この幸せな日にエストニア人がすることを共にしようではありませんか!


エストニアでは、エストニア人および海外から来る旅行者に、今年のエストニア独立記念日は自宅で祝うよう呼びかけています。

Photo by: Aron Urb, Visit Estonia


Last updated : 22.02.2022